2019年4月16日火曜日

バナナとクルミのクリームサンド



材 料
バナナ2本、食パン4枚(あれば8枚切り)、生クルミ30g(食塩不使用)、ホイップクリームの素1袋、牛乳40ml
レモン汁少々
 
作り方
①バナナは皮をむいて、長さを半分にし、さらに縦に半分に切り、レモン汁少々をまぶします。クルミは耐熱皿に入れ、ラップをかけずに、レンジ600㍗で1分加熱し、取り出し混ぜて、再度1分加熱します。粗熱をとってから手でザックリと割ります。
②ホイップクリームの素に牛乳を加えて、角が立つくらいまで泡立てます。泡立てたクリームの半量を食パン2枚に均等にぬります。
③クリームをぬった1枚にバナナの半量をのせて、もう1枚にクルミの半量を散らして合わせます。同様にもう1組作り、食べやすい大きさに切ります。
ポイント
・切ったバナナにレモン汁少々をふりかけておくと、変色しにくくなります。
・生クルミはレンジ加熱すると、香ばしさが増します。



 

バナナ・チョコトースト


 
材 料
バナナ1本、食パン2枚、マシュマロ4個、チョコレートシロップ適量、レモン汁少々
作り方 
①バナナは皮をむいて、3~4㍉厚さの輪切りにし、レモン汁少々をまぶします。。マシュマロは半分に切ります。
②食パン2枚に①の半量ずつをのせ、オーブントースターで、3~4分焼きます。
③取り出し、チョコシロップ適量をかければ完成です♪

ポイント
バナナにレモン汁少々をふりかけておくと、変色しにくくなりますョ

 

2019年3月26日火曜日

2019年3月19日火曜日

サーモンの手捏ね寿司


 
 材 料
刺身用サーモン約120g、温かいご飯1合分、キュウリ1/2本、レタス1~2枚、大葉5枚、タマゴ1個、塩少々
すし飯用調味料
すし酢大さじ大さじ2強、白いりゴマ大さじ1
漬けダレ材料
麺つゆ大さじ2(2倍濃縮)、ゴマ油小さじ2、チューブわさび小さじ1/2
 
作り方 
①漬けダレを作る。ボウルに麺つゆ、チューブわさび、ゴマ油を入れてよく混ぜ合わせる。刺身用サーモンはキッチンペーパーで水分をおさえ、1㌢角ぐらいの小さめの角切りし、漬けダレに20分程度漬ける。
②キュウリは薄切りにして、塩少々で軽くもんで、水けを絞る。大葉は千切りにする。レタスは太目の千切りにする。タマゴは錦糸タマゴにする。
③温かいご飯にすし酢、白いりゴマを加えて混ぜ、すし飯を作る。すし飯にキュウリ、レタスを混ぜる。器に盛り、錦糸タマゴ、漬けたサーモン、大葉千切りの順に彩りよくのせる。お好みで、残った漬けダレをかける。

ポイント
サーモンはパックからすぐに出し、全体に塩を薄くふって、キッチンペーパーに包んで、冷蔵庫でしばらくおくと身がしまって美味しくなります。また、切る前に冷凍庫に入れて半冷凍の状態にすると、切りやすくなります。

キッチン・スタジオMam作の手書きPOPです。 

皆さん是非!作ってみて下さい。

サーモンの韓国風漬け丼



材 料
刺身用サーモン120g、温かいご飯2杯分、韓国ノリ2~3枚、カイワレ適量

漬けダレの材料
コチュジャン、醤油、みりん、酒、白すりゴマ各小さじ2、ゴマ油小さじ1/2、白ネギみじん切り5㌢分

作り方
①漬けダレを作る。耐熱ボウルにみりん、酒を入れ、ラップをかけずに電子レンジ600㍗で、30秒加熱する。残りの材料をすべて加え混ぜ合わせる。カイワレは根元を落とす。
②刺身用サーモンはキッチンペーパーで水分をおさえ、1~1.5㌢角に切り、漬けダレに20分漬ける。
③器にご飯を盛って、カイワレ、②のサーモンをのせ、韓国ノリをちぎってのせる。お好みで、残った漬けダレをかける。

ポイント
サーモンはパックからすぐに出し、全体に塩を薄くふって、キッチンペーパーに包んで、冷蔵庫でしばらくおくと身がしまって美味しくなります。また、切る前に冷凍庫に入れて半冷凍の状態にすると、切りやすくなります。





2019年2月19日火曜日

鮭の照り焼き柚子こしょう風味


 
材 料
チリ産銀鮭2切れ、シメジ1/2パック、ピーマン2個、サラダ油大さじ1、白ゴマ、塩各少々、薄力粉適量
<柚子胡椒照り焼きダレ>:市販の照り焼きのタレ大さじ2と1/2、酒または水大さじ1/2、柚子こしょう小さじ1/2
 
作り方
①鮭は水分をふき、薄力粉を全体に薄くまぶす。シメジは石づきをとって小房に分ける。ピーマンはヘタとタネを取り、食べやすい大きさに切る。照り焼きダレ材料を合わせる。
②フライパンにサラダ油の半量を中火で熱し、シメジ、ピーマンを入れ、塩少々をふって両面を焼き、しんなりしたら取り出す。残りのサラダ油を加え、鮭を入れて両面を焼き、火を通す。
③②のフライパンの余分な油をふき取り、シメジ、ピーマンを戻し入れる。照り焼きダレを加え、全体に絡める。器に盛り、鮭に白ゴマをふる。

料理のポイント!
野菜を炒めるときに塩少々をふっておくと、炒め時間の短縮になり、うま味も引き出されます。
鮭のニオイが気になる方は、大さじ1の牛乳を入れたポリ袋に10分程浸けてから、水分をふいてお使いください。
キッチン・スタジオMamの手書きPOP-2019年3月  
キヌヤさんでご覧いただけます♪
 
 
 
 

鮭と冷凍ポテトの焼きカレー



材 料
チリ産銀鮭2切れ、冷凍フライドポテト150g、アスパラ1束、プチトマト6個、ピザ用チーズ50g
コーン(缶詰め)30g、カレーのルウ2個(約40g)、サラダ油大さじ1と1/2、水300ml、塩、コショウ各少々

作り方 
①鮭は水分をふき、食べやすい大きさに切って塩、コショウを両面にふる。ポテトは常温に置いて解凍する。アスパラは固い根元を落とし、斜めに切る。プチトマトはヘタを取る。
②フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、ポテト、アスパラを入れ、塩少々をふって炒める。火が通ればグラタン皿に取り出す。フライパンにサラダ油大さじ1/2を足し、鮭の両面を焼き火が通れば、先に入れた具材の上に並べ入れ、コーンをちらす。
③フライパンの表面をキッチンペーパーでサッとふき、水、ルウを加え、混ぜながら煮る。なめらかになり、とろみがついたらグラタン皿の具材の上にかけ、トマトをのせ、チーズをちらす。オーブントースターで焦げ目がつくまで7~8分焼く。
ポイント!
野菜を炒めるときに塩少々をふっておくと、炒め時間の短縮になり、うま味も引き出されます。
鮭のニオイが気になる方は、大さじ1の牛乳を入れたポリ袋に10分程浸けてから、水分をふいてお使いください。

キッチン・スタジオMamの手書きPOP-2019年3月
キヌヤさんでご覧いただけます♪



 

今夜のおかずメニュー Produced By Template by Kitchen Studio Mam Kitchen Studio Mam Design